新卒の採用支援サービスの特徴とは

新卒の採用を支援する組織には様々あり、大学の就職課、厚生労働省が主催する新卒ハローワーク、経済産業省が主催するドリームマッチプロジェクト、就活中の多くの学生が利用する就職サイトなどが挙げられます。新卒を採用したい企業は、支援を目的とした組織の力を借りて新卒者の採用を行うことが主流になっていますが、どの組織の力を借りて新卒の採用を行うかを見極めなければ、その分コストや時間がかかってしまいます。例えば、新卒ハローワークでは掲載している求人は中小企業が中心なので大手企業と競合する必要がなく、コストが基本的に0円な上に、既卒者を採用すれば企業に対して助成金が支払われるという中小企業にとってはありがたい特徴であります。しかし、大手企業の就職を狙う優秀層に出逢いにくいという点ではデメリットだといえます。

企業が新卒の採用をするメリットとは

バブル崩壊後の就職氷河期と呼ばれた数年間、新卒採用を極端に行わなかった多くの企業は数年後に、ベテラン層と若手をつなぐ中堅の層がいなくて悩まされることになりました。社内の人口の底辺が若手層でにぎわい、頂点に近づくほどベテラン層になっていくことが会社の理想的な人口ピラミッドだとされています。その経験から現在では、新卒を積極的に採用する企業が増えています。新卒採用者は中途採用者と違い、特定の風土やカラーに染まっておらず、一から自社の理念や方針を持った社会人として育成することができます。また、年齢や学歴や社会経験などの面でほぼ同じ人材を同時期にまとめて採用し育成することで、一人当たりにかかるコストを削減することができます。これは新卒採用に限らずですが、仕事に慣れてきた旧人が新人に仕事を教えることによって、慣れた仕事を再確認することができ、更に学ぶこともできるでしょう。その為にも新卒を採用するための支援サービスを採用すべきです。

新卒の採用を支援する組織はどのような支援をするのか

企業と学生をつなぐ架け橋のような役割を行う新卒の採用を支援する組織ですが、就活をしている学生の大半が利用登録する求人サイトを運営する会社では、募集したい側の企業に対して人材採用の提案をします。そのためには企業の理念や事業計画などを理解し、どのような人材が必要であるかを知っておく必要があります。多くの学生が利用しやすいように、インターネットでの求人掲載を行うこともあり、最近では企業の雰囲気を感じやすくするために動画を掲載されるケースも増えています。合同説明会のような大きなイベントを実施することもあり、企業にとっても学生にとってもメリットがあるような内容になっています。企業にとっては一度に多くの学生と出会うことができるので、どれぐらいの学生が自社に興味を持っているかを実際に確認することができ、他社に興味を持っている学生にも出逢うことが可能になります。参加した学生にとっては、一度にたくさんの企業と出会うことで選択肢が広がり、中には面接や試験の免除を特典にしている企業もあります。