企業の味方の新卒採用支援サービス

有名企業に比べ知名度が低いというだけで、新卒の採用が伸び悩んでいる企業は意外と多くあるものです。やはり学生は大手の企業へ集まりがちであり、その企業に他企業にも自慢できるサービスや技術があったとしても、なかなか採用に繋がらない場合も多くあります。そのような企業はたとえ人材紹介へ依頼をしても、求人広告を出しても思うように採用率が伸びずコストばかりがかかってしまうというパターンもあります。そこで、そのような状況に陥りがちな事が多い中小企業などへ向けた採用を支援するサービスを利用している方が増えてきているのです。単に採用を伸ばす事だけをするのではなく、確実に企業の力となる人材を育てるために必要な研修なども導入し、人材育成を行った上で新卒の採用を支援してくれるという人材育成に費用や時間を掛けられない中小企業にはありがたいサービスです。

採用の支援サービスが行う内容とは

企業の新卒を含めた採用全般について、支援をするサービスを提供しているのが支援サービスと呼ばれるところです。具体的には、先ず新卒の採用を含めた人材採用計画に、採用活動の実施状況や検討状況などをヒアリングした上で、各企業様が求めている人材像などの人材要件を定義します。その後採用戦略を立案し採用募集広告の媒体を選定、クリエイティブに採用体制づくり、そして内定者フォローの提案まで年間を通した手伝いを行ってくれるようになっています。中長期での人材採用計画を元にして、具体的なアクションプランと年間採用スケジュールを策定し、新卒の採用に加えて断層別の中途採用に入社時の受入準備までを含めて採用計画を立案、そこからプロジェクトの運営をスタートします。中小企業に取って次世代の力となる新卒の採用も大切ですが、即戦力の中途採用も欠かせないものでしょう。

採用にかかるコスト削減も可能となる

比較的採用計画を立案しやすい新卒の採用と、欠員が出て急遽補充しなければならないという理由等で突発的に発生する中途採用の採用計画を一元化する事で、計画的なコストの配分や人員の配置が可能となります。特に、中小企業というのは、新卒や欠員補充の中途採用が欲しいという要望に対して、それにかけられる予算が少ない事が多いため、コストが少しでも削減できるというのは大きな利点と言えます。また、採用の担当者と実際の企業の経営陣との連携を強める事で、採用計画と企業の経営計画の連動性も高めるプロジェクトの実行を実現できるようになります。もちろん計画を立案し提案したら終わりという事ではなく、常に市場の動向を探りその変化に応じた施策の追加や変更を随時提案していくというのも支援サービスの大きな強みです。